読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brighten Brand Note - BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

内なる黒船

先日あるクライアントの方と懇談させていただいた際、「パラダイス鎖国」のお話を伺いました。今の日本は居心地が良すぎて若者たちの保守化が著しいとのこと。本来、若い人たちにこそ、閉塞感に満ちた日本の企業社会・政治社会の変革を担うエネルギーに満ちているはずなのに、、、昔と比べて海外に対する知識を得るほど、日本が一番良いと感じてしまうようです。でも若者だけでなく、成熟世代も似たり寄ったりなので偉そうなことは言えませんね。

私自身もかつては米国をはじめいくつか憧れの国がありましたが、日本がやっぱりいいなとの思いが随分強くなりました。でも明らかに今、日本は物心ともに劣化に向かっています。居心地が良いことは悪いことではありませんが、活力が失われていっているようでは居心地の良さはかえって仇になってしまいます。このことは国だけでなく会社も同じ、肝に銘じなければなりません。身近な仕事について言えば、たとえばオリエンテーションやいただく材料に基づくコンテンツ企画・制作にとどまらず、コンテンツ開発を目指すぐらいでないとこれからは埋没してしまいます。その際、絶対に持たねばならないのは最終的にどういう姿になっているかの望ましいイメージを描けること、そこから逆に必要なコンテンツを

作り、広げられる発想だと思います。言うは易く、行うは難しですが、たまたま東大阪の元気な町工場の話をTVで見た際、社長のインタビューで「初めに技術があるのではなくて、こういう部品を作りたいの想いから新しい工夫・技術が出てくる、順番を間違えるな」と述べられていました。ビジネスにおいて持続的成長を遂げるには、「内なる黒船」を常に持たねばなりません。