読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brighten Brand Note - BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

ザ・ブランド

前回のブログで老舗ブランドについて触れました。一口にブランドといってもいろいろあります。今回はちょっと変わったカテゴリーをブランドの切り口から考察したいと思います。

ひとつは「自民党」です。栄枯盛衰とは言うもののこの1ヶ月ですっかりブランド力を落としてしまいました。政権交代というのがこういうことなんだと初めて実感するとともに新総裁が決まったにもかかわらず自民党の存在感は薄れてしまいました。この状況から私が考えるブランドにとって失ってはいけないもの、それは「期待」です。期待を裏切ればブランドは地に落ちますし、期待を抱き続けてもらえればブランドは継続します。自民党のブランド復活に必要なものはもう一度「適正な期待」をつくることだと思います。

さてもうひとつここで取り上げたいのは「伊勢神宮」です。先日の5連休を利用して初めてお参りしてきました。写真は外宮にある豊受大神宮です。樹齢数百年の木々に囲まれた神霊あふれる空気の中に、清楚かつ慎み深い佇まいのある正宮でした。江戸時代には庶民の生涯の夢が「死ぬまでに一度でいいからお伊勢参りしたい」だったそうです。それはなぜか? 私は森林から生まれるオーラ、古代より日本人がずーと大切にしてきた自然に感謝する心のふるさと、そして小さい神宮を含めると200以上の神様が祀られているなど卓越したストーリーなど、、お参りした人にきっと元気を与えてくれたのではないかと想像しました。期待というキーワードから見れば、お参りした人々に応え続けてきたといえるのではないでしょうか。さて、伊勢神宮のお札の包み紙には「伊勢神宮」ではなく「神宮」という赤印が印刷されています。まさにザ・ブランドですね。