読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brighten Brand Note - BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

夜明け前

先日とても感慨深いお話を伺うことができました。その方はなんと毎朝5時半に自宅を出掛けて近くの丘にある公園で座禅ではなく立禅をなさっているとのこと、広告業界の中で俗にまみれながらも一線を画した気概をもたれていると感じました。お話を聞きながらどんどん引き込まれていってしまいました。

立禅をはじめて初めて気づいたこと、小鳥のさえずり、木々のきしむ音、、、自然に対してより感度がよくなったとおっしゃっていました。晩夏のある朝、立禅をしているとふとなにげなく足元に蝉の死骸を見つけられたそうです。翌日もまたその次の日ももそこにある。蟻や他の動物に運ばれてしまうのか、風や雨に飛ばされてしまうのか、毎日気になったそうです。時とともにだんだんと形も変わって、足もいつの間にかなくなっていた。でも胴体は秋になってもずっとそこにある。10月に落ち葉が上に振り注いだ後もかきわけるとまだそこにある。いったいいつまであり続けるのだろう。そして日の出の時間も遅くなったとある霜が降りて地面が塗れた朝、そこにはもう影も形もなかったそうです。まさに霜とともに土にかえったのです。

ずーとこの事象を観察されていたこと自体に優しさを感じただけでなく、我々人間もすべて自然という大きな営みの中にあるんだなあととても感じたひとときでした。そういえばその方とも夜明け前が空気も澄んでもっとも綺麗だという話になりました。生命・大地の息吹がこれから始まる瞬間だからです。

私も早起きは苦手のくせに夜明け前は大好きです。昨年までずっと富士ビル2Fの入り口横にあった絵を皆さんは覚えていらっしゃるでしょうか。アートパブリシティに入社した91年に買い求めた絵なのですが、今はスペースの関係で交差点ビルの5F入り口横に掛けてあります。絵のタイトルは「夜明け前」、会社をスタートした際、「夜明け前」のもっとも静まり返った凛とした空気と厳しさを仕事でも忘れてはならないという自戒を込めて自宅から持参し、それからずっと飾っています。