読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brighten Brand Note - BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

SNSの病

ソーシャルネットワークサービス(SNS)が社会インフラのようになっていく最中、マーケティングホライズン(2012.1号)をめくっていて気づいた感想を述べてみたいと思います。

吉田就彦氏が書いた「最近重大なトレンド病が蔓延している」という記事です。どんな病気かというとそれは「言いたい病」と「聞きたい病」だそうです。「言いたい病」はともかく何でもよいから発信したくなる病気、「聞きたい病」はいつのまにか他人の意見や評価に過度に影響を受けてしまう病のことです。実はこの病気、2チャンネル誕生のころからあったとは思いますが、ここにきてスマートフォンの普及とツイッターフェイスブックなどSNSを多くの人が利用するようになって確かに増えているかもしれません。SNSをポジでとらえれば、今まで発言できなかった名もなき個人が誰でも参加でき、それなりの影響力を持てると同時に、偏ったマスコミ情報だけでなくユーザーの評価やみんなの声を直接聞くことができるようになりました。しかし一方で、「言いたい病」の典型である自己主張が現状への不満のはけ口だけになってしまう、自分の意見を持てない人が意思決定の言い訳だけに使う「聞きたい病」、なども蔓延していると思います。誰もこんな病気にはかかりたくはありませんよね。

FACEBOOKのCTO、Bret Taylor氏もあるカンファランスでこう述べています。「我々はソーシャルネットワークそのものが目的ではないと思っています。ソーシャルネットワークとはパーソナライズのことであり、アイデンティティのことであり、発見のことなのです」

SNSとは惑わず上手に付き合っていきたいものです。