Brighten Brand Note - BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

BBmedia inc. 社長 佐野真一のブログ

アルファ世代への準備

f:id:bbmedia:20211226165917p:plain


新型コロナの変異株の呼び名はたった2年であっという間にアルファからデルタ、そして一気に15番目のオミクロンにまで進んでいます。いったいどこまで変異を続けていくのでしょうか。

さて、マーケティングの世界ではベビーブーマー(1946~1964)、ジェネレーションX(1965~1980)、ミレニアルズ(1981~1996)、ジェネレーションZ(1997~2009)と戦後から受け継げられてきた米国人の世代の呼称がアルファベットの最後まで辿り着いてしまいました。さあ次はどうするんだろうと以前から興味を持って見ていたら、こちらもギリシャ文字のアルファα、これから生まれてくる赤ちゃんも含めてジェネレーションα(2010~)と呼ばれています。今後はきっとα、β、γと続いていきそうですね。

アルファ世代はミレニアルズをちょうど親にもつ世代でもあります。Z世代がインターネットの勃興期に生まれてきたようにジェネレーションαはiphone(つまりスマホ)の誕生の時期とスタートが一致します。この世代の特徴としてまず言えるのは何といってもテクノロジーを操る能力を生まれた途端から身についていることです。Z世代にもかなわないデジタル前時代の世代にとっては思考回路が違うと言っていいでしょう。また、Z世代に続いてサステナブルや社会的な課題を重んじ、さらに積極的な行動をとっていくと予想されます。さらに特徴として今回のパンデミックの体験を子供目線で体験していることです。スクリーンやゲームやSNSの使い過ぎの影響からメンタルヘルスウェルネスについても知識が豊富だと言われます。

賢明なブランドはこうした変化に気づいています。様々なブランドが物理的体験とバーチャル体験の両方を取り入れた家族向けサービスを展開しています。アパレルブランドのノースフェイスは登山家、写真家、映画監督、アスリートなどを集めてオンラインとオフラインを合わせた仮想環境でキャンプ体験ができるプログラムを開発しました。多くの子供たちが自宅で過ごしていることから画材ブランドのクレヨラはcreate it yourselfと称して自宅で創作するにあたってヒントとなる動画を配信しています。また、すでにいくつかのブランドはアルファ時代を意識したパーパスを実行に移しています。大手玩具メーカーのマテル社は環境に優しい包装だけでなく、「マテル・プレイバック」という遊び終わった玩具を回収して新しい玩具に生まれ変わらせるプログラムを開始しました。映画トーイストーリーを見たとき玩具に切ない気持ちを抱いたことを思い出させてくれますね。

アルファ世代という名前は「全く新しい世代が、テクノロジーが統合された新しい世界で育っていく」ことから付けられたそうです。まだアルファ世代の先頭はこれから中学校に入学するタイミングですが、おそらく社会に思った以上に早く影響を及ぼしていくのではないかと感じています。

f:id:bbmedia:20211226171910p:plain